本ページにはプロモーションが含まれます。

楽天ポイント乞食
こんなアナタにおすすめ
  • 楽天を今まであまり使ってこなかった!
  • 楽天ポイントを稼ぐための知識を知りたい!

このようなアナタに向けて、今回は「楽天でポイント乞食をする方法【初心者編】」をお伝えします。

"知らないと損する"【楽天ポイントのヒミツ】

それを楽天経済圏を調べ尽くした筆者がお教えします!

この記事のまとめ

楽天カードを作る

→作って使うだけで5000円分のもらえる!

楽天の各種ポイントアップキャンペーン

→他を圧倒するポイント還元!

●楽天ペイ

外での決済でオトク!

●楽天ふるさと納税

→最強クラスのポイント還元率!

この先では、さらに詳しく楽天ポイントについてお伝えするので、気になったアナタは最後まで読んでみてください!

どのように楽天でポイント乞食するのか?

画像出典:楽天公式ページより
  • 楽天カードを作る
  • 楽天の各種ポイントアップキャンペーン
  • 楽天ペイ
  • 楽天ふるさと納税

まずは初心者向けに上のような方法を紹介します!

まず:「楽天カード」を作ろう!

楽天カードを作って使うだけで、5000円分のポイントがもらえるキャンペーンを常にやっています。

楽天カードを持っていないアナタは、まずはここから始めてみましょう!

楽天カードの特徴を以下にまとめます。

楽天カード特徴
国際ブランドVISA
Mastercard
JCB
American Express
デザイン・通常
・お買い物パンダ
・ミニーマウス
・ミッキーマウス
・楽天イーグルス
年会費無料
ETCカード付帯可能
【無料or550円(税込み)】
家族カード付帯可能
付帯機能楽天Edy:あり
楽天Point:あり
旅行傷害保険海外旅行傷害保険
ポイント100円につき1ポイント
楽天市場でポイント還元3%以上

このように、楽天カードは無料で作ることができます。

実質”タダで”ポイントが最大5000円分もらえるという、

太っ腹なキャンペーンを常にやっています。

それだけあれば、1週間分の食費に十分することができますよね。

楽天ポイント乞食したいアナタ必見です!

\無料で最大5000円分もらえる!/

楽天市場で「楽天カード」をよく使う人へ、「楽天プレミアムカード」の方がオススメな理由をまとめました

楽天のポイントキャンペーンでポイント乞食しよう

楽天が人気の理由の一つが豊富なポイントキャンペーンです。

どんなキャンペーンがあるかというと…

  • スーパーポイントアッププログラム(SPU)
  • お買い物マラソン
  • 勝ったら倍
  • 毎月1日はワンダフルデー
  • 5と0の付く日はポイント倍

このようなポイントキャンペーンがあります。

スーパーポイントアッププログラム(SPU)

楽天にはスーパーポイントアッププログラム(SPU)というサービスがあります

このおかげで、楽天市場での買い物が圧倒的にオトクになります。

以下に対象サービスをまとめました。

対象サービス楽天市場での
ptアップ率
達成条件
楽天モバイル最大+3倍対象サービス契約など
楽天モバイル
(キャリア決済)
+0.5倍月に2,000円以上の支払い
楽天ひかり+1倍対象サービス契約
楽天カード+2倍楽天カードで楽天市場を利用
楽天プレミアムカード+4倍楽天プレミアムカードで楽天市場を利用
楽天銀行最大+1倍①楽天カードの利用代金の引落で+0.5倍
② ①達成+給与・賞与・年金を受取で+0.5倍
楽天トラベル+1倍対象サービスを月1回5,000円以上予約、対象期間の利用(バスは対象外)
楽天証券 投資信託
(楽天ポイントコースと
マネーブリッジ設定が必要)
+0.5倍当月3万円以上のポイント投資(投資信託)
楽天証券 外国株式+0.5倍当月3万円以上のポイント投資(米国株式 円貨決済)
楽天ウォレット+0.5倍計3万円以上暗号資産現物を購入(ポイント交換含む)
楽天市場アプリ+0.5倍楽天市場アプリでの買い物
楽天ブックス+0.5倍月1回1注文1,000円以上買い物
楽天kobo+0.5倍月1回1注文1,000円以上のお買い物
Rakuten Pasha+0.5倍トクダネで月300pt以上獲得し、審査通過レシート10枚以上
Rakuten Fashionアプリ+0.5倍アプリで月1回以上買い物
楽天ビューティ+0.5倍月1回3,000円以上利用
詳細はこちら(楽天公式ページ)から

ポイントが+1倍になると、1%還元率が増えると考えて問題ありません。

このため「楽天カード・楽天市場アプリ」を使って楽天市場で買い物をするだけでも、3.5%(2.5倍)のポイントが還元されます。

出張が多い社会人必見!交通費を先に立て替える場合のクレカ節約術!

お買い物マラソン

画像出典:楽天公式ページより

「お買い物マラソン」は期間中に複数のショップで買い物をしていくことで、ポイントが還元がどんどん増えていくキャンペーンです。

大体月一回のペースで開催されます。

エントリーが必須となるので注意しましょう。

10ショップの買い回りで最大約10%分のポイントが還元されます。

勝ったら倍キャンペーン

勝ったら倍キャンペーンは、楽天がスポンサーとなっているスポーツチームが勝つとポイント還元率が上がっていくものです。

エントリーが必要になるので注意しましょう。

楽天がスポンサーのチームは以下2つです。

楽天がスポンサーのチーム
  • 楽天イーグルス
  • ヴィッセル神戸

これらが勝つと次の日にもらえるポイントが増えます!

どのようにポイントアップをするかというと…

1チーム勝つ→翌日のポイントが+1倍

2チーム勝つ→翌日のポイントが+2倍

楽天がスポンサーのチームの結果を注意して見ておくと、よりオトクになりますよ。

毎月1日はワンダフルデー

毎月1日にはポイントが+2倍になるワンダフルデーというキャンペーンを行っています。

こちらもエントリーが必須です。

また、期間中に3000円以上の買い物をする必要もあるので注意しましょう。

メルカードはヤバいの?ヤバいと言われる3つの理由を解説!【定額払いに潜むワナ】

5と0の付く日のキャンペーン

画像出典:楽天公式ページより

5と0の付く日にポイントが+2倍になるキャンペーンもあります。

参加条件は事前のエントリー楽天カードを使うことの2つです。

何か買いたいものがあるときは、5と0の付く日に買うことを心がけましょう

楽天市場でのポイント還元例

ここまでの内容を踏まえたうえで、

楽天市場でのポイント還元の例を紹介します!

例えば…

以下のような条件が付いた場合…

・基本還元率+1倍

・楽天カードを使用+2倍

・お買い物マラソンで5ショップ+4倍

・楽天市場アプリを使用+0.5倍

・前日に2チーム勝利+2倍

・5が付く日に買い物+2倍

→合計11.5%のポイントが還元!

この日に1万円分の買い物をするだけで、

1150円分

のポイントがもらえます!

仮にこのレベルのポイント還元が月3回ほどあったとすると、

年間で41400円もオトクになります。

これだけあれば、年一回国内旅行に行くくらいの余裕はできますよね。

\圧倒的ポイント還元率/

どうしてもお金を貯めたい!1日1食で節約できる?実践者がやってみた感想をお伝えします!

楽天ペイを使ってみよう

楽天ペイは全国500万か所以上で使うことができるキャッシュレス決済です

楽天ペイで支払うことで1%のポイントが還元されます。

また、楽天カードから、楽天キャッシュにチャージして使うことで、0.5%のポイントが還元されます。

合計で最大1.5%のポイントを普段の決済でもらうことが可能です。

PayPayの基本還元率は0.5%なので、それに比べるとかなりオトクなことが分かります。

楽天ペイのポイント還元例

例えば

月に3万円コンビニ・外食・スーパーなどで使った場合

年間で5400円もオトクになります!

これだけあれば、年1回大切な人とちょっと高めのディナーに行けますよね

楽天ペイアプリの登録はこちらから

楽天ペイ(App Store)

楽天ペイ(Google Play)

楽天ふるさと納税でも乞食できます!

ふるさと納税をする場合も楽天で行うとお得です!

楽天市場アプリから、楽天市場で買い物するのと同じように寄付することが可能です。

実際の楽天市場アプリの画像

一個ずつの金額が大きいので、還元されるポイントも多くなります。

例えば、合計4万円の寄付で10%の還元だった場合、

4000円分のポイントが還元されます。

このようにうまくやれば、自己負担の2000円分は簡単にペイできるのでオススメです!

\ふるさと納税でもオトク!/


『お得すぎる! とことん楽天生活 』

まとめ

今回は、楽天ポイントを詳しく知りたい楽天初心者のアナタに向けて、「楽天ポイント乞食をする方法」をお伝えしました。

ここまでの内容をまとめると…

この記事のまとめ

楽天カードを作る

→作って使うだけで5000円分のもらえる!

楽天の各種ポイントアップキャンペーン

→他を圧倒するポイント還元!

●楽天ペイ

外での決済でオトク!

●楽天ふるさと納税

→最強クラスのポイント還元率!

この記事を読んで、楽天ポイントを多く貯める方法を理解できたならうれしいです。

節約してお金を貯めたい社会人必見!固定費の下げ方はどうするの?具体例を挙げて解説!

おすすめの記事