本ページにはプロモーションが含まれます。

住民税とは?内容や求め方を分かりやすく解説!
こんなアナタにオススメ
  • 住民税について知りたい!
  • 税金について勉強したい!

このようなアナタに今回は「住民税について」分かりやすくお伝えします。

だれも教えてくれない【税金の基礎知識】

この記事では”住民税”に焦点を当てて説明していきます。

この記事のまとめ

●住民税って何に使われている?

教育・福祉・ごみ処理など日常生活に欠かせないサービスに使われている!

●住民税の計算方法

課税所得の10%が住民税!控除がKeyになる!

●住民税計算の具体例

年収150万円の独身サラリーマンなら約4万7千円!

以下では、さらに詳細をお伝えしますので、必要に応じてお読みください。

とっしー
住民税について解説しました!

そもそも住民税とは何か?

住民税は、都道府県や市区町村が徴収する「地方税」のひとつです。

  • 国税: 国が徴収する税金
  • 地方税: 都道府県や市区町村が徴収する税金

住民税はさらに、「市町村税」と「都道府県税」に分けられます。これはその土地の財政を支える重要な財源となっています。

住民税の分類

  • 市町村税: 市や町が徴収
  • 都道府県税: 都道府県が徴収

住民税は、納税する人によって「個人住民税」と「法人住民税」に分類されます。

住民税の使い道

住民税は、私たちの生活に欠かせないサービスに使われています。

具体的には、以下のような用途に充てられます。

  • 教育: 学校の運営費や教育施設の維持管理
  • 福祉: 高齢者福祉や児童福祉などの社会福祉サービス
  • 消防・救急: 消防署や救急車の運営
  • ごみ処理: ごみ収集やリサイクルの費用
  • 公共サービス: 公園の維持管理や図書館の運営

これらのサービスは、私たちが普段何気なく利用しているものですが、その多くは住民税によって支えられています。

税金を払うことで、地域社会の維持と発展に貢献しているのです。

ここまでのまとめ

  • 住民税とは?: 都道府県や市区町村が徴収する地方税
  • 分類: 市町村税と都道府県税に分かれる
  • 使い道: 教育、福祉、消防・救急、ごみ処理など

このように、住民税は地域の生活を支える重要な役割を果たしています。

住民税の求め方

住民税は、細かい部分は置いといて、簡単に説明すると以下のように求められます。

(住民税)=(総所得金額 ー 控除額)× 10%

この総所得金額から控除額を引いた額を課税金額と言います。

ちょっと用語が多くて難しそうですが、それぞれを簡単に説明しますね。

用語の説明

  • 総所得金額: その年に稼いだお金と思ってくれたらOK!
  • 控除額: 稼いだお金の中でも「この分は課税しないですよ~」というお金。

控除を差し引いた部分に住民税や所得税が課税されます。

控除の種類

控除には様々な種類があり、以下のように分類されます。

  • 給与所得控除: サラリーマンが受けられる控除
  • 基礎控除: すべての人が受けられる基本的な控除
  • 扶養控除: 扶養家族がいる場合に受けられる控除
  • 配偶者控除: 配偶者がいる場合に受けられる控除
  • 障害者控除: 障害がある場合に受けられる控除
  • 寡婦控除: 配偶者を亡くした女性が受けられる控除
  • ひとり親控除: ひとり親家庭が受けられる控除
  • 勤労学生控除: 勤労学生が受けられる控除
  • 社会保険料控除: 社会保険料を支払った場合に受けられる控除
  • 生命保険料控除: 生命保険料を支払った場合に受けられる控除
  • 医療費控除: 一定額以上の医療費を支払った場合に受けられる控除
  • 雑損控除: 災害などで損害を受けた場合に受けられる控除
  • 寄付金控除: 寄付を行った場合に受けられる控除

※ポイント※

人それぞれ受けられる控除は異なる: 所得の多さや家族構成、おかれる状況によって控除額が変わります。

控除をしっかり理解することで、支払う税金を減らすことができます。

たとえば、ふるさと納税を活用することでさらに控除を受けられます。

住民税の計算方法の例

例えば、A市に住んでいる会社員で、

総所得金額が150万円のBさんの場合、Bさんが納める住民税は以下のようになります。

計算例

まずは控除額をまとめましょう。

  • 基礎控除: 48万円(所得が2,400万円以下の人はみんなこの額)
  • 給与所得控除: 55万円(所得額によって変わります)

Aさんの場合、上記の控除が適用され、

総控除額は合計103万円となります。

ここから、課税所得(税金がかかる部分)と住民税は以下のようになります。

  • 課税所得: 47万円(総所得150万円 - 総控除額103万円)
  • 住民税: 47万円 × 10% = 4万7000円

まずはこの基本的な計算方法を押さえましょう。

※ポイント※
  • 所得の多さや家族構成など、状況によって控除額が変わる。
  • ふるさと納税などを活用するとさらに控除が受けられる。

このように、住民税の計算方法を理解し、控除の種類を知ることが大切です。

これにより、無駄な税金を支払わずに済み、節約につながります。

『お金の大学』(著:両@リベ大学長)では、

図やイラストを使って初心者にも分かりやすく、実践的なお金の知識が書かれています。

投資や節税の方法、節約や副業など

”社会人なら知っておきたい”お金の知識が満載の1冊です!

これを読むだけで、お金に関しての考えが大きく変わります

少なくとも筆者は変わりました(*´▽`*)

『お金の大学』(著:両@リベ大学長)

今なら【kindle unlimited】で上記の本を含む200万冊以上を、初回30日無料で読めちゃいます!

気になるアナタはぜひチェックしてみてください!

まとめ

今回は、住民税について簡単に解説しました。

この記事の内容を簡単にまとめると…

この記事のまとめ

●住民税って何に使われている?

教育・福祉・ごみ処理など日常生活に欠かせないサービスに使われている!

●住民税の計算方法

課税所得の10%が住民税!控除がKeyになる!

●住民税計算の具体例

年収150万円の独身サラリーマンなら約4万7千円!

以上がまとめになります!

とっしー
以下の記事もアナタにおすすめです!

TikTok Liteは見るだけでお金をもらえる!?初回4000円招待コードも!

【Amazon Music Unlimited】は1億曲が、今だけ初回3か月聞き放題(5/7まで)

【Audible】なら12万冊以上を初回30日無料で聞き放題!

【kindle unlimited】なら200万冊以上を初回30日無料で読書可能!

おすすめの記事